【コスパ最強】月額料金が安い動画配信サービスを徹底比較

近年、次々と企業が参入を果たしている動画配信サービス。ユーザーからしてみれば、一体どれが本当に良いサービスなのか迷ってしまうのが本音でしょう。何を比較対象するのかは人それぞれですが、とにかく安さにこだわりたい!と思っている人も少なくないはずです。そんな人たちのために、今回は各動画配信サービスを月額料金順のランキング形式でご紹介します。もちろん価格だけでなく、各サービスの特徴なども解説していきますので、今後の参考にしてみてくださいね。

月額料金が安い動画配信サービスランキングベスト10

1位:Amazonプライム・ビデオ

料金体系 年会費3,900円(税込)
無料お試し期間 初回30日間
動画本数 3万本以上
ジャンル 洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/アジアドラマ/アニメ
アプリ視聴
ダウンロード 〇(オフラインでも視聴可能)
支払方法 クレジットカード/Vプリカ/au WALLETプリペイドカード

数多く存在する動画配信サービスの中でも1番の安さを誇っているのが、Amazonプライム・ビデオです。年会費3,900円(税込)と他のサービスとは少し違った料金体系をしており、正直なところ「何がお得なの?」と疑問に感じている人も少なくないでしょう。

まず、年会費とはプライム会員になるための料金です。これを月額関すると、実質325円を毎月支払うだけで3万本以上の映画やドラマなどを視聴できるようになります。さらにプライム会員になれば、プライムビデオ以外にも以下のサービスや特典が受けられるようになります。

  • Prime Reading:指定の雑誌やマンガ読み放題
  • Kindleオーナーライブラリー:指定のKindle本は月1冊無料
  • お急ぎ便・日時指定便が何回でも無料

はっきりと申し上げますが、ここまでサービスが充実しているのは、他に類を見ません。ただし、Amazonプライム・ビデオは数あるサービスのひとつであるため、作品のラインアップは見劣りしてしまうのが本音です。そこを気にしさえしなければ、十分に満足できるはずです。

公式サイト:Amazonプライム・ビデオ

2位:dTV

料金体系 500円(税抜)
無料お試し期間 初回31日間
動画本数 12万本以上
ジャンル 洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/アジアドラマ/アニメ/音楽/BeeTV/VR
アプリ視聴
ダウンロード 〇(オフラインでも視聴可能)
支払方法

【ドコモ回線契約】スマホ料金と合わせて

【その他ユーザー】クレジットカード

料金だけでなく、動画本数などにも妥協したくない!そんな人におすすめしたいのがdTVです。元々ドコモユーザー向けのサービスでしたが、現在は誰でも利用できるようになっています。そのため、会員数が500万人を超える国内最大級の動画配信サービスとして広く知られています。

月額料金は500円(税抜)にも関わらず、動画本数が12万本以上なのは圧巻です。全ジャンルでラインアップが充実しているため、逆に特徴を伝えるのが難しいくらいです。そういった意味では、すべての人におすすめできる動画配信サービスと言えるでしょう。

また最近では、VRなど最新技術を使ったサービスにも注力しています。ここまで充実しているのに、「初回31日間無料」で利用することが可能です。無料期間内に解約すれば、もちろん請求されることはありませんので、一度登録してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:dTV

3位:DMM見放題ch ライト

料金体系 540円(税抜)
無料お試し期間 初回14日間
動画本数 7,000本以上(アダルトは2,000本)
ジャンル イメージビデオ/邦R18洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/アジアドラマ/アニメ/音楽
アプリ視聴
ダウンロード 不可
支払方法 クレジットカード/DMMポイント

DMM見放題ch ライトも、料金の安さが目立っている動画配信サービスと言えるでしょう。数は少ないものの、映画やドラマ、アニメ、お笑い、バラエティなどのコンテンツが見放題となっており、動画本数は合計で7,000本以上となっています。

唯一ネックとなる部分は、配信コンテンツの大半がオトナ向けであることでしょうか。人気アイドルのグラビア動画はもちろんのこと、関連の作品が盛りだくさんです。週3回の更新で人気作品を続々配信しているということですが、すべての世代におすすめすることはできません。

とは言っても、月額540円(税抜)という安さでこれだけのコンテンツ量が楽しめるのは、DMM見放題ch ライトくらいでしょう。どのような動画が配信されているのか気になる人は、初回14日間の無料お試し期間も設けられていますので、登録してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:DMM見放題ch ライト

4位:ビデオパス

料金体系 562円(税抜)
無料お試し期間 初回30日間
動画本数 1万本以上
ジャンル 洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/アジアドラマ/アニメ/キッズ/ドキュメンタリー
アプリ視聴
ダウンロード 〇(オフラインでも視聴可能)
支払方法 クレジットカード/プリペイドカード/auかんたん決済

DMM見放題ch ライトと比較して僅差の月額562円(税抜)で、ランクインしたのはビデオパスです。動画本数は1万本以上で、さまざまなジャンルに対応しているため、アダルトコンテンツ以外のものをという人にはおすすめです。

また見放題プランに加入していなくても、劇場で公開したばかりの新作映画や国内ドラマの見逃し作品などをレンタルすることも可能です。1作品200~500円と高めの設定となっていますが、見放題プランでは視聴できない作品も数多く配信されています。

見放題プランに加入していれば、毎月540円相当のビデオコインを受け取ることが可能です。さらに一部の映画館では鑑賞料金が割引対象となるなど、特典が盛りだくさん。ただし、auユーザー以外は利用できない部分は、大きなネックと言えるでしょう。

公式サイト:ビデオパス

5位:Netflix

料金体系 650円/950円/1,450円(税抜)
無料お試し期間 初回31日間
動画本数 非公開
ジャンル 洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/アジアドラマ/アニメ
アプリ視聴
ダウンロード 〇 (オフラインでも視聴可能)
支払方法 クレジットカード/デビットカード/プリペイドカード/PayPal/アプリ内課金(App Store・Google Play)/Netflixギフトカード/ソフトバンクまとめて支払い

全世界で1億人以上が利用しているNetflix。料金は650円・950円・1,450円(すべて税抜)と3種類が用意されています。どれも視聴できる動画本数に違いはなく、選べる画質や同時に視聴可能な画面数によって自由に選択することが可能です。

より良いサービスを選択しようと考えると、少し高くなってしまうような気もしますが、Netflixの場合は決してそうではありません。特に、移動時などスマートフォンで観るだけなら月額650円(税抜)のベーシックプランで十分です。

国内ではdTVやHuluなど人気動画配信サービスの陰に隠れてしまっていますが、独自のオリジナル作品を多数配信していることでも知られ、そのクオリティは他を寄せ付けないほどです。また、Netflixを支える「レコメンド機能」を駆使すれば、新たな作品にも出会えるかもしれません。

公式サイト:Netflix

6位:MUBI

料金体系 720円(税抜)
無料お試し期間 初回7日間
動画本数 30本/1か月
ジャンル 洋画/邦画/アニメ
アプリ視聴
ダウンロード 〇(オフラインでも視聴可能)
支払方法 クレジットカード/PayPal

コアな映画ファンにおすすめしたい「MUBI」も、比較的安く利用することが可能です。サイト自体が日本語に対応していないため情報量は少ないですものの、知る人ぞ知る動画配信サービスとして、多方面から高い評価を受けています。

月額料金は720円と非常に安いのですが、常に観ることのできる作品は30本しかありません。しかも国内の劇場で上映されているような有名作品はほとんど配信されておらず、通常であれば触れることが難しい貴重な作品ばかりが揃っているのが特徴です。

世界中の映画に「興味津々」という人にはおすすめですが、それ以外の人は避けた方が良いでしょう。他サービスよりも圧倒的に少ないですが、無料お試し期間も7日間設けられていますので、中身が気になる方は登録してみるのも良いでしょう。

公式サイト:MUBI

7位:Hulu


料金体系 933円(税抜)
無料お試し期間 初回14日間
動画本数 4万本以上
ジャンル 洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/アジアドラマ/アニメ/キッズ/ドキュメンタリー
アプリ視聴
ダウンロード 不可
支払方法 クレジットカード/PayPal/キャリア決済(ドコモケータイ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い)/iTunes Store /Huluチケット

国内では日本テレビが運営していることでも知られており、主要キー局のドラマやバラエティ番組が充実しているHulu。見逃した番組でも視聴することが可能ということで、仕事などで忙しい人にはおすすめの動画配信サービスです。

そんな人気サービスでも月額料金は933円(税抜)と、7位にまで後退する結果となっています。その影響かどうかは分かりませんが、無料お試し期間が14日間と他サービスと比較して少なめなのも、寂しい気がしてならないのが本音でしょう。

とは言っても、動画本数は4万本以上と非常に充実していることは確か。海外初というだけあって国内コンテンツだけでなく、海外ドラマなども数多く取り揃えられています。これらを月額1,000円以内で楽しめるのなら、十分に許容範囲内と言えるのではないでしょうか。

公式サイト:Hulu

8位:TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

料金体系 933円/1,865円/2,417円(税抜)
無料お試し期間 初回30日間
動画本数 32万本以上(見放題は約8,000本)
ジャンル 洋画/邦画/アジア/海外TV/国内TV/アニメ/アダルト
アプリ視聴
ダウンロード Androidの一部機種のみ有
支払方法 クレジットカード/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い

一番安い「見放題プラン」であれば月額933円(税抜)と、Huluと変わらない料金で楽しむことができるTSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV。ただしネックとなるのが、動画本数です。全体量は32万本以上と圧倒的なのですが、見放題プランでは約8,000本と、魅力が半減してしまうのが本音です。

動画配信サービスだけでなく、宅配レンタルなども手掛けています。そのため「動画見放題」のほかにも「定額レンタル8」や「動画見放題&定額レンタル8」といったプランから選択することが可能です。とは言っても、オンライン動画を視聴するだけなら「動画見放題」で十分です。

新作タイトルなどは基本的に課金制となっていますが、「動画見放題」であれば毎月1,080円分の動画ポイントが付与されます。また大手コンビニチェーンなどと提携を結んでいるTポイントを貯めることによって、支払いにも充てることが可能です。

公式サイト:TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

9位:U-NEXT

料金体系 1,990円(税抜)
無料お試し期間 初回31日間
動画本数 12万本以上
ジャンル 洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/韓流ドラマ/アニメ/キッズ/バラエティ/ディズニー/コミック・書籍
アプリ視聴
ダウンロード 〇(オフラインでも視聴可能)
支払方法 クレジットカード/キャリア決済(ドコモケータイ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い)/Amazon.co.jp/U-NEXTカード/ギフトコード

電子書籍やカラオケも含めると配信本数は12万を超え、日本最大級の動画配信サービスとして知られているU-NEXT。しかしながら全体的な評価が高いのにも関わらず、月額料金は1,990円(税抜)と「高すぎる」と避けてしまう人も少なくありません。

この料金の高さはどうにかならないの?と疑問に感じている人も多いでしょうが、これを最小限に抑えてくれる特徴をいくつかご紹介します。まずは、毎月1,200ポイントチャージしてくれます。これは、最新映画2本分に匹敵する料金です。

次に1つのアカウントで最大4人と共有することが可能です。さらには年齢に応じた視聴・購入制限も設定できるため、お子さんがいる家庭でも安心して利用することが可能です。単純な料金面では9位ですが、総合的に考えればおすすめの動画配信サービスと言えるでしょう。

公式サイト:U-NEXT

10位:Rakuten TV

料金体系 302円~2,149円(税抜)
無料お試し期間 初回30日間
動画本数 18万本以上
ジャンル 洋画/邦画/海外ドラマ/韓国ドラマ/台湾・中国ドラマ/国内TV/アニメ/バラエティー/パチ&スロ/アダルト
アプリ視聴
ダウンロード 〇(オフラインでも視聴可能)
支払方法 クレジットカード/auかんたん決済/ドコモケータイ払い/ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払い

料金の安さだけに特化すると、残念な結果になってしまうのがRakuten TVです。配信動画本数は18万本以上と圧倒的な数を誇っていますが、U-NEXTと提携している「プレミアム見放題パック」は月額2,149円(税抜)と高めの設定となってしまっています。

それでもU-NEXTの場合と同じく、上限1か月1,200ポイント迄を毎月付与されるのが、唯一の救いです。また、特定のジャンルにしか興味がないという人であれば、専用の見放題プランが用意されていますので、月額料金を安く抑えることができます。

大手の楽天が運営しているだけあって、動画コンテンツ量が充実している点は、非常に魅力的と言えるでしょう。料金プランは多数用意されていますので迷うところもあるかもしれませんが、興味のあるコンテンツを吟味して選んでみてくださいね。

公式サイト:Rakuten TV