【動画本数比較】契約してから後悔しない為の動画配信サービスランキング

「登録したけど、観たい作品が見つからない」
「そもそも、作品数が圧倒的に少ない」

実際に、動画配信サービスを利用している人の中でも、こういったネガティブな発言をする人は少なくありません。せっかく一定の料金を支払っているのにも関わらず、観たい作品がまったく見つからないことだけは避けたいですよね。さらにできれば、見放題プランの対象範囲内で済ませたいのも本音なのではないでしょうか。そこで今回は、シンプルに見放題プランの動画本数を比較しながら、おすすめの動画配信サービスをランキング形式でご紹介します。

動画本数が多い動画配信サービスランキングベスト10

1位:Rakuten TV

動画本数 18万本以上
ジャンル 洋画/邦画/海外ドラマ/韓国ドラマ/台湾・中国ドラマ/国内TV/アニメ/バラエティー/パチ&スロ/アダルト
料金体系 302円~2,149円(税抜)
無料お試し期間 初回30日間
アプリ視聴
ダウンロード 〇(オフラインでも視聴可能)
支払方法 クレジットカード/auかんたん決済/ドコモケータイ払い/ソフトバンクまとめて支払い/ワイモバイルまとめて支払い

2017年末にICT総研が実施した優良動画配信サービスに関する調査において、利用者満足度が最も高かったのがRakuten TVです。動画本数は18万以上と業界最大級の動画を取り揃えており、14ジャンルと多岐に渡っているのが最大の特徴として挙げられます。

「プレミアム見放題パック」に関しては、U-NEXTと提携しているのが影響して、月額2,149円(税抜)と高くなってしまっています。しかしながら、それ以外にも特定のジャンルに絞り込んだ「見放題プラン」を選択できる点では、魅力的に感じる人も少なくないでしょう。

さらには運営している楽天が米プロバスケットボール協会(NBA)とパートナーシップ契約を結んだことによって、日本国内のNBAの配信・放映を独占しています。実況・解説は日本語にも対応していますので、気になる方は登録してみてはいかがでしょうか。

公式サイト:Rakuten TV

2位:dTV

動画本数 12万本以上
ジャンル 洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/アジアドラマ/アニメ/音楽/BeeTV/VR
料金体系 500円(税抜)
無料お試し期間 初回31日間
アプリ視聴
ダウンロード 〇(オフラインでも視聴可能)
支払方法

【ドコモ回線契約】スマホ料金と合わせて

【その他ユーザー】クレジットカード

スマートフォンで約30の専門チャンネルを視聴できる映像配信サービス「dTVチャンネル」をスタートさせたNTTドコモ。エイベックスと共同で運営しているdTVは、会員数500万人を超える国内最大級の動画い配信サービスとして知られています。

その最大の特徴は月額500円(税抜)で、映画・ドラマ・アニメ・音楽など、18ジャンル、12万本以上の作品が見放題となっているところです。一部の作品は課金制となっていますが、「dTVチャンネル」と併せることによって、より多くの作品が観られるようになります。

また、どのジャンルに関しても共通して言えることは、大抵の人気作品は網羅しています。他にもサービス開始当初からオリジナルコンテンツに注力しており、アニメの実写映画化だけでなく、地上波で放送されているバラエティ番組なども人気があります。

公式サイト:dTV

3位:U-NEXT

動画本数 12万本以上
ジャンル 洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/韓流ドラマ/アニメ/キッズ/バラエティ/ディズニー/コミック・書籍
料金体系 1,990円(税抜)
無料お試し期間 初回31日間
アプリ視聴
ダウンロード 〇(オフラインでも視聴可能)
支払方法 クレジットカード/キャリア決済(ドコモケータイ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い・ワイモバイルまとめて支払い)/Amazon.co.jp/U-NEXTカード/ギフトコード

dTVと同じく12万本以上の作品を配信しているU-NEXT。見放題対象作品数も6.5万本以上と驚異の数字を示していますが、月額1,900円(税抜)と他のサービスよりも割高なのがマイナスポイント。残りの作品はレンタル制となっています。

それでも毎月1,200円分のポイントがチャージされるので、高い月額料金を十分にカバーすることも可能です。最新映画2本分のポイントなので、、毎月いち早く新作を2,3本観たいという人にはおすすめできるサービスと言えるでしょう。

他にも書籍・漫画・ラノベは33万冊以上、雑誌は70冊以上が読み放題になるなど、オンライン動画サービス以外でも充実しているところは魅力的に感じるのではないでしょうか。他にもさまざまな作品が豊富に取り揃えられていますので、多様な楽しみ方ができますよ。

公式サイト:U-NEXT

4位:Hulu


動画本数 4万本以上
ジャンル 洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/アジアドラマ/アニメ/キッズ/ドキュメンタリー
料金体系 933円(税抜)
無料お試し期間 初回14日間
アプリ視聴
ダウンロード 不可
支払方法 クレジットカード/PayPal/キャリア決済(ドコモケータイ払い・auかんたん決済・ソフトバンクまとめて支払い)/iTunes Store /Huluチケット

国内での知名度は非常に高いHulu。2014年に国内事業を日本テレビが買収したことで、主要キー局のドラマやバラエティ番組が充実していることが特徴として挙げられます。またヤフー、東宝、読売テレビなどと資本提携を結んだことで、さらなるコンテンツ強化が期待されています。

サービス開始初期こそ、海外初のサービスとだけあって海外ドラマや洋画などが中心となっていましたが、最近では国内作品などさまざまなジャンルの動画が豊富に取り揃えられています。アニメ作品も多いため、お子さんがいる家庭でも皆で楽しむことができます。

それでも、海外ドラマに強いのがHuluの最大の特徴です。「最速日本配信にこだわる」という言葉通りに日本初配信の海外ドラマを数多く観ることができます。最近では、第69回エミー賞で主要5部門を受賞した「The Handmaid’s Tale」が独占配信されることも発表されています。

公式サイト:Hulu

5位:Amazonプライム・ビデオ

動画本数 3万本以上
ジャンル 洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/アジアドラマ/アニメ
料金体系 年会費3,900円(税抜)
無料お試し期間 初回30日間
アプリ視聴
ダウンロード 〇(オフラインでも視聴可能)
支払方法 クレジットカード/Vプリカ/au WALLETプリペイドカード

実質月額400円(年間プランなら325円)で3万本以上の動画が見放題となっているAmazonプライム・ビデオ。数ある定額制で見放題の動画配信サービスの中でも、コストパフォーマンスの高さは随一を誇っており、利用者数は急増しています。

プライム・ビデオは、Amazonプライムの会員に用意されている特典のひとつで、他にもお急ぎ便などの配送特典や、100万曲以上が聴き放題の「Prime Music」、毎月1冊を無料で読める「Kindleオーナーライブラリ」などさまざまなサービスが用意されているのが特徴です。

会員になることで7万近く以上配信されている中から、3万本以上を自由に選択して観ることが可能です。それ以外のタイトルはレンタルでカバーすることが可能です。独占配信コンテンツが充実していることからも、国内作品や映画などを期待している人には物足りなく感じるかもしれません。

公式サイト:Amazonプライム・ビデオ

6位:ビデオパス

動画本数 1万本以上
ジャンル 洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/アジアドラマ/アニメ/キッズ/ドキュメンタリー
料金体系 562円(税抜)
無料お試し期間 初回30日間
アプリ視聴
ダウンロード 〇(オフラインでも視聴可能)
支払方法 クレジットカード/プリペイドカード/auかんたん決済

ビデオパスの配信動画本数は1万本以上と、動画配信サービスとしては可もなく不可もなくと言ったところでしょうか。映画やドラマ、アニメなど多くのジャンルに対応していることからも、老若男女問わず誰でも楽しむことができるのが特徴です。

さらに「見放題プラン」に加入していれば、毎月追加課金が必要なレンタル作品(新作など)を自由にレンタルできる540円分相当の課金コインが受け取れます。ちなみに540コインは、レンタル作品の新作1本分に相当します。

他にも「R-20見放題プラン」であれば、対象作品を月額2,500円(税抜)で最大120本視聴することが可能です。ただしビデオパスはauユーザー限定の動画配信サービスとなっており、auのケータイや固定インターネットサービスなどと契約していることが加入する条件となっています。

公式サイト:ビデオパス

7位:TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

動画本数 32万本以上(見放題は約8,000本)
ジャンル 洋画/邦画/アジア/海外TV/国内TV/アニメ/アダルト
料金体系 933円/1,865円/2,417円(税抜)
無料お試し期間 初回30日間
アプリ視聴
ダウンロード Androidの一部機種のみ有
支払方法 クレジットカード/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い

「え?動画本数は32万本以上なのに、どうして7位なの?」と疑問に感じている人も多いでしょう。TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TVの仕組みは若干複雑になっており、実際にTSUTAYAが抱えている在庫作品数が32万タイトルなのです。

つまり宅配レンタルサービスの本数も含まれており、オンライン動画配信サービスだけだと3,2000本以上となっています。「それならもう少し上の順位では?」とさらなる疑問が生まれてしまいますが、見放題プランで観られるのは僅かに8,000本しかありません。

しかも新作・準新作を除いた本数ですので、8,000本以外の作品に関しては別料金を支払う必要があります。とは言っても、毎月1,080円分の動画ポイントが付与されますので、これを上手に利用すれば新作なども楽しむことが可能です。

公式サイト:TSUTAYA DISCAS/TSUTAYA TV

8位:DMM見放題ch ライト

動画本数 7,000本以上(アダルトは2,000本)
ジャンル イメージビデオ/邦R18洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/アジアドラマ/アニメ/音楽
料金体系 540円(税抜)
無料お試し期間 初回14日間
アプリ視聴
ダウンロード 不可
支払方法 クレジットカード/DMMポイント

DMM見放題ch ライトと言えば、少しオトナ向けに重きを置いていると感じて、避けてしまっている人も多いのではないでしょうか。確かに関連作品は2,000本以上配信されています。これでは、小さなお子様を育てている家庭では利用に困ってしまいますよね。

とは言っても、実際には5,000本以上の作品が映画やドラマ、バラエティ、お笑いなどとなっています。特に映画では不朽の名作などが数多く取り揃えられているため、映画ファンでも納得のいくラインアップと言えるのではないでしょうか。

またゴルフ、サッカー、スキー、野球など、さまざまなスポーツのHow to 動画も充実しているところも注目ポイントとして挙げられます。他にも格闘技、競馬、釣り、麻雀など趣味系に特化したジャンルにも対応しています。

公式サイト:DMM見放題ch ライト

9位:Netflix

動画本数 非公開
ジャンル 洋画/邦画/アジア映画/海外ドラマ/国内ドラマ/アジアドラマ/アニメ
料金体系 650円/950円/1,450円(税抜)
無料お試し期間 初回31日間
アプリ視聴
ダウンロード 〇 (オフラインでも視聴可能)
支払方法 クレジットカード/デビットカード/プリペイドカード/PayPal/アプリ内課金(App Store・Google Play)/Netflixギフトカード/ソフトバンクまとめて支払い

ワールドワイドで知名度が高いNetflixですが、残念ながら動画本数は非公式となっています。これだけ聞くと不安に感じるかもしれませんが、未知数であることに対して魅力的に思う人も多いのではないでしょうか。そして何よりも、とにかく質にこだわっているのが特徴です。

特にNetflixはアカデミー賞の受賞作品も含めて、非常に多くのオリジナル作品を製作しています。他サービスとは違い、版権を買ってタイトルを揃えるというよりも、自社制作を繰り返してコアなファン層に受け入れられる作品を提供することが狙いにあります。

最近ではどれだけ製作されているのか把握できないくらい、Neflixのオリジナル作品が続々と配信されています。もちろん国内で配信されている作品の多くには字幕だけでなく吹替版もあるので、誰でも気軽に楽しむことができますよ。

公式サイト:Netflix

10位:MUBI

動画本数 30本/1か月
ジャンル 洋画/邦画/アニメ
料金体系 720円(税抜)
無料お試し期間 初回7日間
アプリ視聴
ダウンロード 〇(オフラインでも視聴可能)
支払方法 クレジットカード/PayPal

視聴ターゲットをコアな映画ファンに絞っているMUBIに動画本数を期待してはいけません。常時配信されている動画は30本限定。それらが毎月入れ替わってしまうのだから、その時の気分で観たい作品を探したいという人には向いていないでしょう。

それでもサイレント映画や不朽の名作、さらには日本に未上陸の海外映画など、ここでしか観ることが難しい作品が目白押しとなっているのは魅力的に感じる人も多いのではないでしょうか。実際に有名な映画祭で賞を獲得しても、国内で上映されない作品は少なくありません。

「dTV」「Hulu」「U-NEXT」など比較的動画本数が多いサイトで観たい作品が見つからない場合は、MUBIに登録してみるのも良いかもしれません。ただし、ハリウッド映画など有名作品にしか興味がないという人に向いていないことだけは覚えておきましょう。

公式サイト:MUBI